元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

自分の括りだけで物事を決めていないか

非正規妻との「平等」家事分担にモヤモヤする、管理職夫の言い分——「年収低い方が家事」は合理的なのか | BUSINESS INSIDER JAPAN

 

 

女性だから。年収が低いから。そんな小さいくくりで物事を決めてはいかん。今はそんな時代なんだろう。

 

 

 うちの家事は…。

 

9割を私が担っていると言っていい。自分で言うのもなんですが。

 

妻も教員をしており、今年度は同じく5年生の担任。

 

が、勤務校が小規模であり、その中で役職ももらっている私の方が業務量は多い。

 

が、家事の9割は私が担っている。

 

どちらも正規だし、年収もほぼ同等。

 

が、家事の9割は私が担っている。(強調しまくり)

 

決しておかしいと思わないし、これがうちの普通。妻は逆に気遣っていろいろとやろうとしてくれるが、いかんせん動き出しが私の方が早い。気付いた時にはもう手出し不要という感じ。

 

なぜかというと、子どもたちはやっぱりお母さん派だから。

 

彼らは卵子時代からこれまでずっと一緒なんだから当たり前。私とは約1年付き合いの長さが違う。そして彼らは体が繋がっていたという、夫では永遠に埋められないギャップ。そして私より優しい。

 

というわけで、我が家は家事を担うのが私。これが当然の環境なのです。

 

いつだったか、義母が妻に対して「あんたもさぁ…。」と、家事に対して言っていたことがあったが、これはちょっと違うと思った。

 

一昔前は女性が家にいて、家事育児をするのが一般的だったのだろう。

 

時間もあり、年収も低い。これが普通だったのだろう。

 

が、今は女性も正規でバリバリ働く時代だし、年収だって夫を超える人もいるだろう。逆に夫が家庭に入るという選択もこれから増えていくはず。うちも4月からそうなる。

 

自分の括りだけで考えるのではなく、幅広い視野をもち、よく話し合って物事を決めていくべきだと思う。