元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

「食べる」ことが苦手な娘がハッとした出来事

娘(5)は「食べる」ということが苦手である。

 

やりたいことが多すぎて、食べる時間を惜しむほど遊び倒している感じ。(いいことだとは思う)

 

そして食わず嫌いが多く、初見のものはまず食べない。

 

あと、気分次第ではあるが、二日目の料理は食べたがらないことがある。

 

みなさんのお子さんもそんなものでしょうか?(泣)

 

家庭の料理番である私からすれば、精神的ダメージを受けることがしばしば。

 

サムライズムをもつ私でも、真心こめて作ったものにウェッ!!って顔をされるとちょいと傷つくし、ムッとしてしまう。未だに慣れない。

 

そんなに美味しくないのか?私の料理は。

 

が、昨日の出来事は娘にとって一つのターニングポイントとなったであろう。

 

 

夕食時。

 

娘が妻と一緒におにぎりをまぜまぜ。にぎにぎ。実に楽しそうである。気分が乗ったときはお母さん気分で取り組む。かわいいものである。

 

そして息子(3)。最近、娘によく似てきた。口が達者で、発せられる意地悪な言葉もお姉ちゃんの真似をしている。

 

出来上がったおにぎりを食べて一言

 

息子「おいしくな~い。」

 

 娘

 

f:id:mr-shuhu:20190220031730p:plain

 

むぅ。かわいそうではあるがこれも経験。これまで自分がしてきたことが自分に返ってきた形。

 

これからの自分を考えるいいきっかけになったのではなかろうか。

 

二人の子どもたちが「おいしいね。」と楽しく食事ができる日がくることを願う。