元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

組織で働くことを見直したい人が読むべき本

 

仕事論

仕事論

 

 昔から好きなんですよ。水曜どうでしょう。その番組のディレクターである藤村さんと嬉野さんの本。

 

ひいき目に見たわけじゃなく、純粋に人に勧められる。

 

これまで、ホリエモン氏とキングコング西野氏の本、結構好きで読んでたんです。この2人って「好きな事やろうぜ!」「嫌なら会社なんて辞めちゃえよ!」って言うタイプ。

 

この2人はどちらかというと逆で「自分が好きな事やるために、会社変えちゃえよ!」って言ってる。

 

今働いている組織を辞めるということはリスクが伴う、という思いは誰しもあるでしょう。じゃあ働きやすいように、楽しくなるように会社を変えよう。これ、理想的な考え方かも。

 

もちろん会社を変えるなんて簡単なことではないですよね。ここがネックだとは思います。私は会社勤めをしたことがないし、上下関係は学校という職場よりしっかりしているでしょう。言いたくても言えない、なんてことがたくさんあるのでは。

 

が、行動しないことには何も変わらない。本を読んで満足していてはいけない。

 

ホリエモン氏と西野氏、そしてこの藤村氏と嬉野氏の考え方に共通点がありました。

 

それは「自分を大事にしようぜ」ということ。「組織より自分がどう思うかだ」ということ。

 

「自分」を判断基準に行動すべし。そうすれば組織で働くことも楽しくできる。そんなことが伝わる本。

 

もう一回読もう。