元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

子育てはそのほとんどの時間が幸せと感じられないものだろう。 ~子育てに苦労している方へ~

 

headlines.yahoo.co.jp

 

子育てを幸せ、と感じられる。

 

これは嬉しいことでしょう。が、それって見方を変えると危険なことだと思うんです。

 

人間ってすごく都合の良い生き物で、

 

自分の思った通りになったことに喜びを感じますよね。

 

「子育て幸せ~~♪」って人は、もしかしたら子どもが思い通りに行動してくれて私嬉しい!楽!

 

っていう感じだったりしないでしょうか。

 

本当は子どもは自分の感情を押し殺して親の言うことを聞いてロボットのように行動しているかもしれませんよ。

 

親が幸せと感じられることが果たして子どもにとって幸せか。

 

子どもの幸せは親にとっての幸せか。

 

たぶん子どもの幸せを優先すると、親は苦労することが多いでしょう。これが子育てなのではないでしょうか。

 

私が優先すべきは子どもの幸せだと思います。

 

体調が悪くてもしたいことがあっても公園に連れて行って一緒に遊んだり、本を読んであげたり。

 

それが親ってもんでしょう。

 

気持ちの問題かもしれませんが、子どもの幸せを、自分の幸せと捉えられるか。

 

これが子育ての極意かもしれません。

 

また、苦労した分、子どもの成長を感じられたとき、幸せだと思えるのではないでしょうか。

 

子育ては9割辛いし大変だと思います。でもその分1割の喜びを「幸せ!」と感じられるのでしょう。

 

私は教員を辞めて、時間の余裕ができました。気持ちの余裕ができました。それでも子どもの相手には手を焼いてます。保育園に行ったらほっとします。子育てってそんなもんです。

 

苦労した分、子どもが幸せになると思って楽しもうと思います。