元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

自由研究こそ最強の学び方の入り口  ~学校再生を願って②~

長期休みになると親御さんと子どもたちを悩ませる自由研究。

 

はっきり言って、なくなればいいと思います。

 

いやいや。タイトルと違うじゃん、と思うなかれ。

 

学校が今のままなら、という話です。

 

というのも、今の学校は自由研究ができる子を育てていないからです。いや、自由研究を価値のある学びと捉えていないからです。

 

長期休みだから、という理由で「自由研究は宿題!」と言っています。

 

目的が見失われた自由研究。それならやめた方がいい。これは学校の変えたいポイントです。

 

 私は自由研究こそ推すべき学習だと思います。

 

理由はズバリ。これからの子どもに必要とされる力が身に付く学習だからなんですよ~。

 

自由研究のSTEP1 テーマ設定

授業の内容を深めたり広げたりするのも可。〇〇してみたといった、チャレンジ系の学習でもいいでしょう。自ら課題を見出したり、自身の興味関心を見つめ直したりする力が伸びる段階。

 

自由研究のSTEP2 研究のための手段を考える

パソコンや本で調べたり、現地へ赴いたり。どうすれば自身のテーマに必要な情報を得られるか考えることで、活動を構想する力が伸びる段階。

 

自由研究のSTEP3 実際に情報を得る

実際に調べたり体験したりして、情報を得る段階。人と会う活動をする子は、コミュニケーション能力が伸びるなど、活動次第で得るものが変わります。

 

自由研究のSTEP4 表現方法を考える

学校では発表することが必須。どうすれば自身の研究に興味をもって聞いてもらえるか、という視点で表現方法を考えます。表現力、プレゼン力が伸びる段階。

 

自由研究のSTEP5 実際にまとめる

ここまで来れば自身でできることはほぼ終わり。自分のイメージに合った方法で表現をします。試行錯誤しながら自信の作品を直し、繰り返し考察するのが理想です。そして学校で発表を迎えるのです。

 

さて、簡単ですが自由研究についてまとめてみました。

 

いかがでしょう。大人になってから使えるスキル、必要な力。自由研究という学習に盛り込まれていませんか?

 

最後に学校再生、という点に触れます。

 

授業もこう変わるべきなんです。これからは。

 

今回まとめたこの流れがこれからの授業になるのです。この学び方こそ新しい時代を生きる子どもたちに必要とされるものなのです。

 

さぁ先生方、保護者の皆様。自由研究って大事なんですよ。おまけの宿題ではないのです。ここまで考えて、時間を割くことができれば必ずや子どもたちの力になることでしょう。

 

小学生のお子さんをもつ保護者の皆様に朗報!!

フリーティーチャーこっしぃが今だけ無料でお手伝い!3名様までとさせていただきますが、夏休みに向けて、そして夏休み中の学習をサポートします。内容については応相談です。受験対策は✖です。お申し込みはtwitterでのDMもしくは下記アドレスにご連絡ください☆

 

free.teacher.kosshi@gmail.com