元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

白魔法と黒魔法

教員いじめに関して。

 

色々な記事を見ていると、ちょくちょく出てくる「能力がある」という言葉。

 

能力ってなんだろう?

 

子どもたちは出会う教師によってかなり変わる。時には魔法にかかったかのように良くも悪くもガラッと。

 

例えば

 

大人の力で子どもたちを支配して、一見統率されたクラスを創り、大人の言うことに対しての従順で、個性が死んだ子どもたちを育てる。

 

これは即効性が特に高く、ガラッと変わることが明らかで見えやすい。

 

でもこれって黒魔法。これを記事のように能力と呼び評価しているのであれば、学校自体が真っ黒です。もう終わってる。

 

対して白魔法。

 

本当に子どものことを考えて、個が生き生きと。ぐんぐんと伸びる環境を創る力。そんな授業ができる力。

 

ざっくりと表現したれど、これが本当に能力があるということなのではないでしょうか。

 

黒魔法に騙されてはいけない。ニセモノ教育だよ、これは。