元教師×主夫=親バカ。でもそれがいい。

バカ親じゃないぞ!親バカなんだ!子育て最高!楽しもう!

薄毛への恐怖と学級創り

私は自分で散髪をします。以前から薄々気付いていたのですが…

 

頭頂部に忍び寄る「禿げる」というワード。

 

明らかに薄くなっている。頭が薄々。

 

正直嫌です。

 

ところでなぜ多くの人が薄毛をネガティブに感じてしまうのか。

 

それは多くの人が薄毛をネガティブに感じているからでしょう。

 

もし、薄毛がとても格好いいものだと多くの人が感じていれば、私はれから頭頂部を誇らしく思うようになるでしょう。

 

昔の日本は前頭部をそってちょんまげがトレンド。むしろそれがイケてるスタイル。(だったのか?)

 

もしザビエルが国民的アイドル級の人気を誇る人だったら、あのヘアスタイルが流行していたに違いない。(敢えて剃り上げていたという説もありますよね。)

 

これって学級創りにも共通していること。

 

これっていいよね!っていう雰囲気がクラスにあること。大事。洗脳とかいう人もいますが、それはものによる。子どもが過ごす環境ってとても大切です。

 

子どもの未来に生きるものは共有すべき。

 

目指すものや価値観の共有って大事だよなぁと薄くなった頭を見ながら感じた朝なのでした。