FTコシヤマンの興育研究所

興味の興で興育!教えるんじゃない!子どもの興味が子どもを育てるんだ~!!

履修漏れなんか気にするな

履修漏れ上等。進んで漏らそう。

 

コロナの影響であちこちに打撃が。

 

学校では卒業式を始めとする行事・取組の中止や内容の変更などの対応に追われました。

 

休校となり一週間。結局普段通りの事務仕事をこなし、ようやく休みを取ることのできる先生方が増えてきました。子どもたちのことはもちろん気になるのですが、先生方も休めるなら休んだ方がいいと思います。

 

さて、休校措置でドタバタとしているのは卒業式関連だけではありません。

現段階で個人的に、完全に不透明で一番の課題と考えているのは履修漏れに関して。

 

「どうするんだ?!来年度行うのか?無理だ~!!」という嘆きの声が聞こえています。

 

はっきり言いましょう。大丈夫です。漏らしていいものが存分にあります。もちろん漏らしてはいけないものも。

 

例えば算数。これは積み重ねの教科なので漏らさずやるべき。国語。全ての学習のベースになるこの教科も漏らしたらダメ。力入れましょう。

他。漏らしてもいいものが盛りだくさん。理科社会生活音楽図工体育家庭総合道徳外国語・・・

 

もちろんこれらの中でも一部。一部ですよ。

 

「正直言って、この教科の単元、さらっと進めていいな。」「ここは大事だからじっくりと!」

 

これが現場のリアルな声なんです。つまり、「さらっと」と現場で判断されている程度のものはカットしても絶対大丈夫。お上が「やりましょう」と決めていることよりも、現場判断の方が絶対正しい。(もっと言うと、さらっと行われた単元が履修済みとなっている現状もかなりおかしい。大した学びはない。)

 

だから、『各教科の一部をカットして、次年度に積み残した算数と国語をやるべきだ。』

 

私はそう考えています。

 

これ、実はすごく大切なことで、時数削減を進めようとしている文科省にとっても有力な情報になると思うんです。現場でカットの判断がされた単元は、今後縮小または削減の対象としてリストアップしていいということなんです。

 

不謹慎な言い方にはなりますが、コロナにより多くの物事が見直され、新しいサービスも生まれている時期。学校もこれに便乗して、より良い方向へ向かうことを願っております。