FTコシヤマンの興育研究所

興味の興で興育!教えるんじゃない!子どもの興味が子どもを育てるんだ~!!

低学年向け!おうちで簡単にできる時計の勉強

コロナで休校。いよいよ大人も子どもも苦しくなってきていませんか?

 

「勉強もさせなきゃ。」「ゲームばっかりやって!」

 

そんな風に思ってしまうと、お互いギスギスしてしまうのではないでしょうか。

 

そうしてつい、言わなくていいことまで言ってしまうことも…。

 

そうならないためにも、日常会話の中で勉強ができるアイディアを提案いたします。

 

今回は時計の勉強。小1~3年までは、算数で時間と時刻と扱うことになっていますので、その年代のお子さんをお持ちの保護者の方は必見です!!

 

内容を簡単にご紹介!

 

1.「何時何分?」

 1年生なら5分刻みで覚えることができるでしょう。初めは「何時」だけ。そのうち「分」の読み方を教えてあげると良いと思います。私の小1の娘はどこで覚えたか、「分」を「5,10、15…。」と数えています。いつの間に!!

 

この数え方を覚えれば、九九の5の段にも活用できますよね。時計の勉強をしながら九九も覚えることができるのです!

 

2.「〇分経つと…?」

 お子さんがゲームを始めたら。「約束は1時間30分だから、何時にゲームの時間は終わりかな?」と、聞いてみるのもオススメです!これは3年生の学習ですね。

 

 

などと例を挙げてみました。普段の会話で勉強に繋げられるとお手軽だし、親としてもちょっと気持ちが楽になるのでは。

 

ちなみに私はこうして精神を安定させています(笑)普段から子どもの学びにアンテナを張ることで、子どもたちの行動をポジティブに捉えるのは大事なことではないでしょうか。

 

Stayhome!!の今だからこそ、日常の中に子どもの学びを見出してみてはいかがですか??

 

www.youtube.com

 

 

いつもコシヤマンの活動を応援してくださりありがとうございます!今後も保護者の方や子どもにとっても優良な情報を発信していきたいと思っていますのでシェアや「いいね!」そしてチャンネル登録もぜひよろしくお願いします!!