FTコシヤマンの興育研究所

興味の興で興育!教えるんじゃない!子どもの興味が子どもを育てるんだ~!!

不登校はマイナスイメージ?そんなものは払拭したいコシヤマン

少々久しぶりのブログ更新になります。週一ペースで続けたいなぁと思っているところ。

 

さて、今回は私の活動である不登校支援についての考察。

 

これまで続けてきた不登校支援。お陰様で軒数も増加。来週からは週に4日の訪問が予定されています。

 

多くの方は不登校にマイナスなイメージをおもちではないでしょうか。これって多くの方に根付いている悪い概念だと私は思うんです。

 

原因は大きく二つ。

 

一つ目はおそらく受験がらみの勉強面。

 

これは確かに気になりますよね。現在、高校や大学が将来の職業選択に影響を与えるのは事実。

 

でもこれからはどうなのでしょう。時代の変化と共に、youtuberのような過去になかった職業が生まれたり、リモートで行える仕事が増えたり。

 

職業や働き方の多様化が進んでいる世の中で必ずしも「これまで通りに」する必要性はないのではないか、とコシヤマンは考えています。

 

私自身の活動もそうです。堅い言い方をすると、『ニーズに合わせた教育サービスを提供することでフリーティーチャーという仕事を成立』させています。不登校のお子さんの訪問支援とオンライン授業、学習動画配信、ライブ授業。これらは「これまで通り」ではない教師の形ですよね。

 

フリーティーチャーは教育的スキルがあれば誰でもできます。名乗ることができます。学歴や資格は必要なし。

 

そう。これからの時代は、スキルがあれば職業化が可能なんです。学歴を意識して勉強に悩むより、不登校という立ち位置を生かして、自分のスキルを磨くことに時間を割くのも良いのでは、と私は考えています。

 

だから「勉強しなきゃ!」ということに囚われないことが大事。「これまで通り」勉強して、高校大学へ通うだけが未来を決定づける選択肢ではないのです。

 

もちろん学校で行うような勉強が必要ない、などと言うつもりは毛頭ありません。国語の力はどんな仕事でも必須だと思いますし、算数や理科で学ぶ論理的思考力は大事。ただ、何から何まで学校に追いつこうとする必要はありません。

 

マイナスイメージを生む原因の二つ目は「みんながしているから」という気持ち。

 

不安になりますよね。分かります。世のお父さん方の多くは、会社をはじめとする組織に雇われ、安定した給与を得ている。対してコシヤマンは…?うん。まだ不安は消えてない。

 

多くの子ども達が学校へ通っている。これがマイナスイメージの原因でしょう。

 

ズバリ言いますと、子どもの学び方が多様化していない日本の教育が悪いです、これについては。

 

ホームスクーリングのような、多様な学びが発達していないこと。義務教育という名の元、全員に同じ内容を必修化し均一化を図っていること。そして一つ目と重複しますが、大学進学のために全員同じ試験を受けることが制度化していること。

 

これらが「みんなしている」という重圧を生み出し、保護者の方やお子さんを不安にさせています。

 

気持ちは理解できますし、前述した通り私自身も不安を抱えています。

 

が、一つ目にも記したように学校での学習が全てではありません。決して「みんなしている」からといって、自分もしなくてはならないというわけではないと私は思います。

 

とはいえ、気持ち一つで不安の全てが拭い去れるとは考えていません。だからこそ動くのがコシヤマン「来てくれ!」と言われれば行きますし、勉強に関してのサポートもする。動画だって作るし、ライブで授業もする。一人でも多くのお子さんの支えになりたい。

 

私一人の力ではできることは限られますが、一人でもできることをできるだけする。

 

ぜひコシヤマンの活動への応援をお願いします。

 


【ライブ】小5小数のわり算 筆算特別講座!!  ※授業開始は5分過ぎから

 

最後まで読んでいただき感謝します!!ライブ授業はこのような形で日々配信。リクエストも受け付けています。チャンネル登録&シェアをぜひ!!多くの方に届きますように!!